2019年12月31日

振り落とし理論@にぃやん

皆さま、年末いかがお過ごしでしょうか?
謎の賞状作りに精を出している、にぃやんです。
表彰されたいメンバーは教えてください、賞状作りますよ。笑


さて、前回のイレブンのブログにもありましたが、新メンバーや限定メンバーさんと一緒に演舞をしたということは…
守破離の踊りを教える「振り落とし」という練習を行っているということです。
練習班や振り班が仕事などで練習に参加できない日が多い守破離では、今年入ったメンバーでも振り落としをする機会が多々あります。
振りを教えるというアウトプットをすることで、教えてる側も練習になる良い機会なのですが…
「教えるのって難しい」
「どう教えていいか分からない」
などなど、当然このような戸惑いの声も出てきます。

そこで!今回は「よさこい初心者への振り落とし」についてを纏めましたので、興味ある人は読んでみてください!


●とにかくカウントで教える。
初めて踊りをする人は、不規則な連続した動きを覚えるのに苦労します。カウントに合わせて振りを教えることで、振りの順序が覚えやすくなります!

●相手の覚えやすい方法を考える。
目で見て覚えるのが得意な人、「右手あげて左足を開いて〜」と言葉で説明されると理解しやすい人、とにかく何回も身体を動かして覚えていく人、、、など色々な学習タイプが人によってあります。
振り落としをしながら相手のタイプを見極めてみましょう!

●復習重視で進める。
1〜20まで教えるとしたら、小まめに区切って教えると思います。1〜5を終えたら6〜10…と進めると思いますか、復習も忘れずに進めましょう。
6〜10をやったら1〜10と通して何回か踊る、11〜15をやったら1〜15まで通して何回か踊る。と、繰り返すことで振りの定着がしやすくなります!

●細かい修正より回数をこなすこと優先で。
動きがギクシャクしてても初めはとにかく回数を踊ってもらいましょう。動きに慣れてきたところで、気になるところは修正してあげましょう!



人に教えることは難しいですし、少し責任も感じるかもしれません。でも、教えるのも踊るのも誰だって最初は初心者です。兎にも角にも、やってみないと分からないことすら分からないので、機会があれば挑戦していきましょう!



さて、今年最後のブログを真面目に、練習班らしく書かせていただきました。
なので、令和2年最初のブログは、面白く、にぃやんらしく書かせてもらいますので、まさかの自己指名でバトンをつなぎます!笑

では皆さん、良いお年を〜
1577763070222.jpg
posted by 守破離 at 12:32| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント