2020年06月08日

どまつり方針と決意表明/代表たかし

皆さん、ご無沙汰しております。
守破離代表のたかしです。

屋内での過ごし方に充実感を覚え始めたブレットからバトンをもらいましたので、ブログ書かせてもらいますね。


さて、先日どまつり事務局から、2020年度のどまつり開催方針に関して公式HPにて発表がありました。

既にご存知の方が殆どだと思いますが、コロナ禍に通常開催はリスクが高いため、他にない、前例のない形でのオンライン開催【テレどまつり】に舵を切られました。
(各チームが演舞動画を個々で作成し、事前提出。その映像を8月末3日間に亘り配信するイベントだそうです。)

正直なところ、秋口までの全ての大規模イベントがほぼ全て中止・延期を決める中、半分以上諦めかけていたところもありましたので、何とか踊り手のために中止だけは避けたい、という事務局の努力や執念には、よさこいチームの代表者として大変感謝しています。
(ここで、どまつりまで中止になっていたら、今年度の活動は正直なかったと思います。)


上記のどまつり開催方針を受け、我々もチームの方針について検討を重ねた結果、先週土曜のウェブ会議でメンバー全体に向けて話した通り、

テレどまつり参加

という方針を掲げました。



勿論、まだまだコロナ禍は継続しますし、リスクを負うような通常活動には一切踏み切れない中での、今回の参加判断です。

多分、いざ参加に向けて映像作成、その素材撮影等を始めてみると、沢山の課題や障壁に悩まされることだと思います。

でも、、
こんな時だからこそ、会えなくても絆で繋がっている大切なメンバーのことを皆んなが思い合い、支え合いながら、今できる最高の作品をしっかりと8月に間に合わせたいと思っていますので、

・守破離メンバーは共に力を合わせて

・ファンの皆様は、映像配信を楽しみに

これからの時間を過ごしていただきたいと思います。どうぞ、今年の守破離も、改めてよろしくお願いいたします。


さてさて、長くなりますが、、、
久しぶりのブログなので、対外的な決意表明とメンバーへのメッセージを書かせてください。(もう少しだけお付き合いくださいm(_ _)m)


【決意表明】
・守破離の今後の活動方針は、全てメンバーそしてチームに関わる全ての方の健康を最優先に決定します。

・守破離の活動を通して、コロナ感染拡大・クラスター化を発生させることのないよう、コロナ収束に至るまでの間、以下の点に最大限の注意を払って活動を行います。(以下を守っての即時公式練習等の再開、を意味する訳ではありません。今後、再開に踏み切った後に注意する点です。)

✳︎練習時の休憩中マスク着用
✳︎帰宅後の、手洗い&うがいの徹底
✳︎練習時の経口補水(給水の回し飲み)NG
✳︎ソーシャルディスタンスを意識した行動
✳︎1時間につき20分のインターバル
✳︎オンライン会議の推奨

以上です。
今後、コロナに関する新しい情報が入る都度、見直しをかけながら感染予防に努めたいと思います。



さてさて、私からのメッセージを最後に皆さんへお伝えしておきます。

【メッセージ】

以下、アメリカ先住民の言葉です。


君がなんとなく生きた今日は、

昨日死んで行った人たちが

どうしても生きたかった大切な明日だ


この言葉、とても印象的で、最近噛みしめながら生きるようにしています。


緊張感も切迫感もなく、ただのほほんと生きる。
そんな1日の時間に、しがみついてでも生きたいと思う人もいる。


勿論、のほほんと心や体を休ませる時間も必要だと思っています。

言いたい事は、目的意識を持たず、ただ何となく過ごす日を少しでも減らして、皆んなには1日1日を今まで以上に大切に過ごしてほしい。

そして、その1日1日は、自分だけの話ではなく、周りの人にとっても大切な1日であり、全ての人の時間を自分勝手で奪い取る事なく、大切に扱ってもらいたい。

ということです。


人と自由に会えない時間が長くなり、家にいる時間が延びれば延びるほど、漫然とした時間の使い方になりかねません。

今を大切に、しっかりと成長した姿で、またメンバーと対面で熱い時間を過ごしたいと思います。
健康第一、成長第二で、もう少し頑張ろう!


・・・・

次のバトンは、、、
テレどまつり参加に伴い新設されたスタッフ【映像班】の1人、きゃの、よろしくお願いします(^ ^)


たかし
1591614511314.jpg
posted by 守破離 at 20:10| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント