2020年05月09日

新しいステージへ/さくちゃん✿ラストブログ

おはぎから推しメンいただきました、守破離さくちゃんです。
気になってもらえるってなんだかドキっとします、嬉しい。

実は守破離さくちゃん、と名乗れるのも今回が最後だったりします。
仕事の都合上、守破離に参加することが難しくなってしまいました。
今回はそんなタイミングでブログが回ってきたので、一年足らずの間に思ったことをつらつら書いてみます。


この1年間、皆想う景色という作品を通してよさこい、守破離に触れてきました。
よさこいももちろん楽しかったんだけど、守破離という居場所がとても心地良くて。学生チーム上がりでなく、ただの社会人でもすんなり受け入れてくれて、自然体でいられました。
人見知りしてるんだけど、そんなの関係ないと言わんばかりにみんな引き込んでくれる。分からないところがあったら見捨てずとことん、もう一回!に付き合って教えてくれる。
(なかなか踊りが覚えられなくて練習班始めとするメンバーには大変お世話になりました…!)
よさこい初心者のみなさん、守破離おすすめですよ!!

あと、タイミングが悪かっただけだと思うんですが、代表はどまつり合宿に行くまでお見かけしたことが無くて。笑
もしかして架空の存在…?と思う中、役割ごとにチームを回してるみんながいて、それを更に支える縁の下の力持ちがいて、最後はバシッと代表がまとめて…環境が違えどこそ、適材適所。得意な部分は伸ばして、足りないところは補い合いながら、常日頃から『支える』ということを意識されたチームなんだなと思ってました。

私はSNS班という役割の中で、活動の様子の発信や、守破離バースデーを担当させてもらっていました。皆のお誕生日をそっとお祝いできるのが楽しかったなあ。コメントを考える際その人との話を、行動を、思い出を振り返ることができて自身においても良い時間でした。全員分お祝いできなかったことが少しだけ心残り。

…いや心残りはまだまだ!
皆想う、踊り納めしたかった。みんなと合宿してみたかった。どまつり、もう一度守破離として出たかった。踊りを教えてくれて、練習に付き合ってくれたメンバーに直接お礼が言いたかった。いろんなメンバーともっともっと話して遊んで飲んで…

とまあ考え出せばキリがなくて。

今まで当たり前に出来ていたことがこんなにも"有り難い"と思うことも生涯これっきりにしたいけど、刻み付けていかないといけないなと思います。

辛いのはみんな一緒、今は耐え忍ぶとき。この不安な環境下が鎮静し、先行きが明るくなった頃にまた皆とお酒でも飲みながらお話できる日が来るといいな。


守破離には1年でたくさん楽しいことを分けてもらいました。こういった形で守破離を離れるのはすごく残念です。
が!振り返ったことは全部大切にして、出会いもあれば別れあり、次の新しいステージへ前向いて進んでいきます。
次作の守破離が見せてくれる新しい世界を楽しみに、自分も新しいフィールドで頑張ってきます!


長くなっちゃいましたがこの辺りで。

ありがとうございました!


次は同期で守破離に入り、同じパートで頑張ってきたお兄さん、イレブンにバトンを託します♪
posted by 守破離 at 17:06| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント