2020年02月28日

過去と今、そして未来へ

線対称さんからバトンを繋いでいただき、12月に続いて、守破離でお世話になるようになってから、2回目の日記を書かせていただくことになったネスタです。

線対称さんから、何思う〜のタイトルをいただいての日記になるので、どのように書けばいいのか悩みましたが、とりあえず、踊り、ダンス、演舞などに携わるようになってからの今までの自分から、守破離でお世話になっていく上で、また、未来を見据えた上で、どうなっていきたいか、どうしていきたいかを、綴っていきたいと思います。

イッキーさん、線対称さんに続いて、僕もすごく長文になるので、だったらいいやなど思う方は、ここでブラウザバックをお願いします。

まず、自分がダンスに携わるようになったのは、専門学校(介護の専門学校で、その時、特にやりたいことなかったし、問題さえ起こさなければ、当時話題になっていたリストラ等にあうこともないだろうと思って進学した学校です)を卒業して2年目、年齢で言うと、22歳の時に、体重も3桁超えていて、これはまずいと思い、当時ワンダーシティと呼ばれていた、上小田井のコムズに通うようになったのが、きっかけでした。

最初は、コムズのスタッフさんに運動やダイエットの仕方を教えていただきながら、筋トレや有酸素運動をやっていましたが、その時に、たまたま通りかかったスタジオにて、サルサのレッスンが行われており、ラテン調の陽気な音楽に誘われ、レッスンを受けたことで、ダンスって楽しいなと感じ、だんだんとのめり込むようになっていきました。

また、サルサにハマっていった理由として、ダンスの楽しさに加えて、当時のメンバーが、すごく仲間思いの方ばかりで、気さくに声をかけてくれたり、車の話や仕事の話などの楽しい話題や、時々、時間が空いてるタイミングでご飯に誘ってくれたりと仲間にも恵まれて、最終的には、発表会の誘いをいただいて、本気で頑張るようになっていったのを覚えています。

そこからは、ジムでのスタジオを使ってのレッスンの他に、発表会に向けての練習や、仲間に誘われ、お金持ちの社長さんの別荘を借りて、合宿をはったりもしながら、前回の日記にも書かせていただいた発表会に出たりと、まき先生の指導のうまさもあり、最終的には、発表会の直後に、初めて会う人から、かっこよかったと、最高の褒め言葉もいただくことができ、そんなこんなで、最高の思い出になっていきました。

では、なぜ、サルサを離れたか。

自らの意思で、嫌になったりしてやめたわけではなく、ある事情があり、サルサを初めて2年目に、やめざるを得ない理由があり、離れることになったのが本当のところですが、理由についての詳細は、本当に信頼できる、この人にならと言う方にのみ、おいおい話をしようと思ってます。(今働いている会社の人は、ある程度の方が知っています。)

話を変えて、ここからは、なぜ守破離を選んで、よさこいを始めたかについて綴っていきたいと思います。

まず、よさこいに縁するようになったのは、一昨年のど祭りを、職場のご利用者さんとの移動支援で見に行ったのが、きっかけでした。

確かに、サルサをやめてから、前の会社で、手作りで衣装を作り、えんじ色の法被を羽織り、よさこいソーランの演舞をしたことはありましたが、一昨年のど祭りを見て、かっこいいなーと思い、本気でチームを探そうと思って、興味の湧いたチームに手当たり次第に連絡、一昨年は、大口にある彩花、アクティブ大曽根を見学し、ウェルカム平田でお世話になると決めるも、とある理由で、小牧から名古屋に引っ越すことになりバサラカーニバル前で断念。

そこから一年たち、ようやく、私生活、仕事等にきついながらも、ゆとりが持てるようになり、もう一度、夢道源人、ミーティアなどの見学を経て、守破離でお世話になると決め、今、自身にとって、初の審査のある浜よさに向けて、練習に参加させていただいています。

余談ですが、なぜ、サルサではなく、よさこいを選んだかについても話をしたいと思います。

サルサをやることも、正直、考えたのが本音です。

ずっと離れていたので、本人から直接ではないですが、聞くところによると、まき先生は、渡米し、海外進出、当時のメンバーは、ある人は、ダンススクールお抱えのプロのパフォーマンスチームのダンサーに、また別の人は、DJとして転身し、またある人は、トライアスロンをはじめ、いろいろと結果を出しているそうです。

そのため、サルサに戻るのは断念しました。

長々と綴ってきましたが、ここまでが、ダンスや演舞に携わるようになってからの自分で、いよいよここから、守破離にお世話になると決めた自分の将来についての思い(線対称さんからのバトンのタイトルを見ると、これが本題かなと思います)について、前の日記にも書いたので、単刀直入に言います。

僕は、かっこよく踊れるようになりたい。

かっこよくって一言で言っても、かっこよさって、感じ方は、人それぞれだと思います。

僕からみれば、好きなダンスで海外進出した、まき先生もカッコいいと思うし、プロのパフォーマンスダンサーになった元チームメイトもかっこいいと思います。

ただ、自分がかっこよくと考えた場合、いくら自身を褒めても、自己満足であり、エゴであると思います。

なので、まずは、教わった内容を全て演舞で出し切れる自分になること、また、守破離みんなの目標である、U40大賞を勝ち取ることを、僕自身の目標とも考え、決して足を引っ張らず、たとえわずかでも、チームの勝利に貢献できるようになることを目標に頑張りたいと思います。

自身のカッコ良さは、人に認めさせるんじゃなく、人に認められてこそ、その先に、かっこよく演舞できるようになった自分がいるんだと思います。(自分の好きな漫画の、ダイヤのAの沢村栄純の言葉を借りました)

これからも、さらに頑張っていきたいと思います。

次回は、僕の後に守破離に入ったにも関わらず、不断の努力で、いつのまにか僕より上手く踊れるようになった努力家のショコラさんにお願いしました。

乞うご期待!
posted by 守破離 at 08:16| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

色々な色@線対称

皆さんどうも、線対称です!
今回僕の師匠であるイッキーからバトンが回ってきました〜

まずはイッキー受験おつかれさま。
そしておかえり

3ヶ月ぶりのブログで特に緊張することなく文を打ってますが、今回は色々どう書けばいいかと思い、結論から申しますと、師匠であるイッキーさんに鍛えていただいたおかげで、今の僕があり、当時のイッキーさんの立場が今の僕として、当時の僕の立場が今のネスタさんとして、ネスタさんをビシバシ鍛えたこの数ヶ月間の熱い師弟関係の思い出を書いて、ネスタさんにとっての一番師匠であるイレブンさんの座を奪おうと思いましたが、イッキーさんがあまりにも良いブログを書いておじさんの涙腺が緩んでしまったため、若者の熱い気持ちに華を添えてあげるべく、急遽予定を変更してイッキーさんへのアンサーブログを書いて、イッキーさんを誉め殺しにしようと思いますが、めちゃくちゃ個人的な話をするので、副代表から「よくわかりませんが、個人LINEでやり取りしてください」とか言われそうですが、誰に相談することなく進めていこうと思い、すみませんが、よろしくお願いします。

とまぁこんな感じで長ったらしい話になるかもしれないので、そんなんならいいやって人は静かにブラウザパックを……

さて
イッキーの素敵で長ったらしいブログ全部にレスポンスするとホントに文字量がアレになるので一個だけ

〉この素晴らしさを伝えるために、今僕はそんな誰かの人生のちょっとでも関われる人になれればと思ってます。
なってるから安心していい。何せ僕がその一人ですからね

イッキーには人に影響を与える素質がある!
素質と言うとふわっとしているので、漫画ワンピースで例えると「覇王色の覇気」を持っているようなものです。
人の上に立つ器があると使えるというアレですね。
国民的漫画につき知って当然のように話しますが、覇気には三種類ありますね。
武装色、見聞色、覇王色
(知らない人は文字からそれっぽく連想してください)

僕の頭の中の中学2年生を前面に出し、この現実世界に置き換えた場合の解釈を記します。

・武装色
勉強やスポーツのことを言います。テスト範囲を勉強するだとか、浜よさは楽器点あるから楽器を練習しようだとか
要するに、誰かが決めた基準や評価に対して「武装する」ことを言います。

・見聞色
他人の気配・思考や気持ちを読みとく力で、状況や相手の色に合わせて自分を相性の良い色に変えることができれば、いわゆる世渡り上手になれます。
恋愛が下手なそこのアナタは見聞色を鍛えるといいかもしれませんね。

さてこの二色の共通点とは何か?
「他人(評価者)」を軸として自分の色を濃くしたり変化させたりするものです。
得手不得手はあれど、自分が努力すればいいだけなので、やろうと思えば誰だって伸ばせられるものです。

漫画ワンピースの設定でもある通り、上2色は努力次第でどうにでもなり、対して覇王色のみは努力で越えられない素質という壁があります。

・覇王色
「自分」を軸として他人を努力させられる力かなと思います。
相手を自分色に染めるってやつですね。
字の如くカリスマだったり、存在感だったりして、こういうのは中々誰でも持ってるものではありませんよね。

僕はイッキーには若いながら、そういうの持ってるなと可能性を感じました。
自分の目で見て感じて考える。
それを誰から借りた言葉じゃなく飾らず自分の言葉でものを伝える。(今は拙いけどな)
言ったことをちゃんと体現する

単純に有言実行。芯がある。矛盾がない。純粋。
だから声がよく届くし伝わる。

当たり前で簡単なことに聞こえますが、これめちゃくちゃ難しいことですよね。

努力の二色は努力の増減で、色の濃さとかも増減する加点方式ですが。
覇王色はたった一回でも芯がぶれて有言実行から外れれば信用が落ち、覇王色でなくなります。
色の濃さではなく雑じり気の無さが重要って表現ですかね。
超減点方式なので、努力ではなく素質(多分、きっと、恐らく)
{来週火曜日練習行くから皆語ろうぜとか言って、平気で何も言わず練習に来なくても認められてる人は覇王色を越えた何かだから、例外}

わーわー言うとりますが、イッキーの素質はこの先の大学や会社生活や老後でも活きる力だから、芯を曲げずに努力もして更にいい男になってくれることを願っています。

これから20歳となり大人の仲間入りを果たすイッキーに、少し早い誕生日プレゼントと称しまして
私からの挨拶とさせていただきます。

色の話といえば来年度の守破離の演舞でも物理的に色々な色が見れそうですよ!お楽しみに!

1582341375929-ac348.jpg
では次のバトンはネスタに託します。
僕の代わりに修行の成果と想いを綴ってください。

次回、何想うネスタ〜穴があっても入らない〜
乞うご期待!
posted by 守破離 at 12:17| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

僕を変えた2年/イッキー

皆さんどうもイッキーです!
今回しまじろうさんからのバトンが僕に回ってきました〜

ちょうど1年ぶりのブログで少し緊張しながら今、文を打ってますw

今回は色々どう書けばいいかと思ってましたが、僕のここ2年の思い出話をしようかなと思います。

ただの文書書くことが下手な奴の長ったらしい思い出話になるかもしれないので、そんなんならいいやって人は静かにブラウザバックを…

それでもいいよって人は今回中々長くなりますがご勘弁を。

さて、話はおよそ2年前。
家庭の事情により浪人生活をする事になった僕は、予備校に行く余裕もなく、友達も大学でキャッキャウフフ、一気に友達と遊ぶ事が無くなったので、趣味としてなにかやろうと、皆さん知っているかどうか分かりませんが、YouTubeなどに上がっている○○踊ってみたというものに、中学のころから興味があったので、それをやるために、基礎としてダンスをしようとネットを駆け巡っていました。

最初はブレイクダンスをやろうとしましたが、結局通える距離ではなく断念、HIPHOPも同じ理由で行く前に断念。その後レゲエのようなものにも行きますが、それまた楽しくなく断念。すぐに断念ばかりして何やってんだろうなぁって思ってた時出会ったのが今いる守破離でした。

初めて見学に行った時、ちょうど有松の祭り前で、月結びという守破離の初代の過去曲をやってました。

この時練習を見ていて思ったことは「ただただかっこいい自分もこんな風に踊りたい。」でした。

因みに今だから言えますが、その時体験振り落としをしてくれてた梅ちゃんは少々不機嫌だったので中々に怖かったですw
今では全然そんなことないんですけどね。

まぁそれは置いておいて、月結びを見た僕はそこからよさこいの沼にハマることになります。今思えばそれがちょっといけない状況に陥ってしまう原因の始まりでした。

見学から1週間後すぐに入ることを決め、そこから正規メンバーとして練習を始めます。

もちろん初心者。最初は中々上手くいってなくてセンスねぇ運動神経ねぇって自分で思ってましたが、ここで初めてなのかな?負けず嫌いが発動めちゃくちゃ練習しました。

したらみんなが少しずつあれ?イッキー上手くなったねって言ってくれるようになってもっと頑張りました。

因みに今でもたまにそうですが、言われた事が納得できなくて言い訳ばかり、素直にアドバイスを聞き入れようとしなかった自分もいたので少し成長が遅かったと思いますwもう少し素直に聞き入れられるようになる事を覚えましょう。

そんなこんなでたまに怒られつつ少しずつ上手くなっていた時に訪れた初めてのどまつり!

この時はただただ純粋にお祭りの規模にビビりながらメインステージに向かっていましたが、人生初めてのどまつり、大きなステージで観客の皆さんに向けて踊るのが楽しみすぎて、初めて緊張していたのにニヤけが止まんなかったのを覚えています。

メインステージに立って踊った時の爽快感、眺めの良さ、気持ちよさと言ったらもうこの上ないものでした。
こんなに楽しいものが世の中にあったのか!何故今まで気づかなかった!また味わいたい!ファイナルとかもっと凄いんだろうなぁ俺もそこで踊りたい!どまつり終わった時の感想はこれに尽きました。

もうそこからはよさこいの沼にズッポリはまり、色んなチームの動画をあさったり、ご縁で限定に行ってみたり、踊る事が自分の生活の1部になっていました。

しかし、ここで忘れてはいけないのは自分は浪人生だということ。

勉強はしてはいましたが、よさこい優先、限定参加もしていたので週3は踊るという事を9月頃から12月までずっとやってしまいました。そのつけがついに回ってしまい。去年の受験は全落ち、自業自得なくせに人生初めての挫折を味わいました。暫くは立ち直れなかったです。

そこからはしばらく心の中は空っぽ楽しい事をやってましたが、どこか楽しみきれない自分がいる。しかも母親とももちろん大喧嘩。

それが僕の浪人生活&よさこい2年目の始まりでした。

2年目は流石にまずいと思いよさこいをどまつりまで!それまではもう精一杯やろうと決心をつけることにして、色々吹っ切りました。

そこからはほんとに自分のスキルアップをと思っていましたが、初心者の加入があり、自分は指導する側に回っていきました。

1年目に教えるということを経験はしていましたが、それでも教えるのが苦手なタイプなので、感覚で伝えるプラス自分もできてないくせに、少し厳しめ。というふうになってしまい、初心者の方に迷惑をかけることが度々あったかと思います。特に線対称ごめんね。

そんな偉そうにやっている手前、自分は下手じゃいかんがな!ということで教える以外にも自分の動画を何度も見返したりしてひとつの振りに理解を深め、修正、踊る、ということを何度も繰り返していたら

イッキー成長率1位、イチオシ、おかげで上手くなったという嬉しい言葉の数々を上の方々から頂けました。

普段中々褒めないような人からも褒められたりして、嬉しくてたまらなかったです。

考えて繰り返ししてたら上手くなるということ。それが1番感じられたのがこの経験でした。

そんなこんなで上手くなって行って、時には仲間でぶつかることもありましたが、ついに約束の2年目のどまつりの日がやってきてしまいます。

2年目のメインステージは昨年よりもめちゃくちゃ楽しくて仕方なかったですが、やってきた2日目の道徳会場のパレード…

僕は会場について待機に向かっている途中で大泣き。このまま行ってしまえば僕の2年目のよさこいは終わってしまう、行きたくない、踊りたくない、こんなの嫌だと自業自得なのにも関わらず泣きまくっていました。

こんな公衆の面前で泣くなんて初めての経験でした。でもそれだけ自分の中でよさこいと言うものがいかに大きなものだったのか気づくことにもなりました。

今まで楽しくてやってたゲームでもここまではまらなかったし、感動するとされる映画とか音楽でも泣いた事ないし、部活の最後の大会で負けても泣くことがなかった人
(部活は卓球で、唯一できる自慢になりますが地区なら個人2位になったことあります)が、泣くなんて自分史上始まって以来の大事件ですよ。

そこからはずっと大泣きしながら3パレ踊ってました…多分一生忘れないパレードになることでしょう。

そんなよさこいのない生活は考えられなくなった僕が、ついによさこいから初めて離れて勉強にシフトチェンジを始めますが、まぁ3日間は喪失感が凄かったですね…

その後はもう浜よさに出ると決め、勉強をずっとやっていましたね…かと言ってめちゃくちゃ頭良くなった訳でもないと思いますが…

まぁまぁそんなこんなで、約半年よさこいから離れていた僕はつい先日受験は終わらせてきました!(唐突)
今回第1志望は落ちてしまいましたが、滑り止めはなんとか合格までこぎつけました…応援されてた方ありがとうございました!

そしてこの半年、溜まりに溜まりきったよさこいストレスがついに爆破!!!ココ数日踊りまくりました!めちゃくちゃ踊るの楽しすぎませんか?!って自分の動画を確認していましたが、なんということでしょう!ド下手になっているではありませんか!半年離れているだけでここまでなるなんて想像できなかったです!半年前から体重が5キロ増量したこととなにか関係があるのでしょうか💭
誰か教えてくださいw

そんな冗談は置いといて、真面目に、半年前のキレキレだった僕を取り戻す為にいっぱい練習しなければと思う今日この頃です。 浜よさまでに取り戻せるといいなぁ。

といったのが現在の僕です
ようはここまでグダグダ言ってたのを簡単にに言うと
よさこいスタート
沼にハマる
受験失敗
教えるの大変
大泣き
勉強生活
受験勉強終了
めちゃくちゃ下手になってる イマココ

ってな感じですねw浜よさまでもう少し!少しでも感を取り戻すためにも頑張ります!

長かったですねごめんなさい。ですが、最後にもう少しだけお付き合いお願いします。

僕は去年受験失敗して挫折はしたものの、よさこいやってた事を後悔したことはありません。それより年齢を超えた大切な友人、仲間ができ、みんなと色んなところに行って遊んだり、生きる糧と言っては凄い大袈裟かもしれませんが、それほど大切なものを手に入れることができたし、人生経験はそこら辺の同年代よりは濃いものを過ごせたので、むしろ始めてよかったと思ってます。

それはよさこいやってたからこそ手に入れた結果です。
この経験は一生物で、これから何度もこのときのを思い出すと思います。

皆さんは何がきっかけでよさこいを知って、始めて、今よさこいやってる理由はなんでしょうか?

賞を取るため?仲間に会いたいため?ただ踊りたいから?これ以外にも様々な理由があると思いますが、なんでよさこい始めて、なんで今もやってるのか、よさこいから何を得たのか、今1度思い出してみませんか?

よさこいによって感情、出会い、思い出など様々な物を手に入れてませんか?

それってホントに凄いことだと思います。ただの踊りがきっかけで人生を彩ってくれてるんですよ?

僕の人生もよさこいで結構変わりましたし、さらにそれのおかげで辛い時期も乗り越えました!

だからこの素晴らしさを伝えるために、今僕はそんな誰かの人生のちょっとでも関われる人になれればと思ってます。

魅せたことによってその人が踊り子になったり、演舞で勇気を与えたり、とにかく何かに影響を与えられる存在になれたらと思ってます。
もちろん自分が自由に踊ることを楽しんでる上での話ですが。

皆さんも何かに目標やら目的やらを持ってやったら楽しくて仕方ない人生待ってると思います。

僕は今楽しくて仕方ないです皆さんも是非一緒に楽しみすぎる人生送りましょうね!

共感できる部分が少しでもあるけど、まだよさこいやってない人は是非守破離へ1度体験来てください!魅力をたっぷり教えます!

長い上に最後グダってしまった文をここまで読んでいただきありがとうございました!

以上!途中から何が言いたいのか分からなくなってしまったイッキーでした!

1581826308393.jpg
お次はどうやら僕のことを師匠と言っていたらしい線対称にバトンを託します!
posted by 守破離 at 13:13| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント